治療から予防へ お口の健康診断を受けましょう

毎日のお手入れとプロのケア ダブルケアで歯を守りましょう

自分では、一生懸命ていねいにみがいてきたつもり。それなのにむし歯ができた!歯周病が進行していた!
これほどがっかりすることはありませんね。しかし、現実にはとても多い話で、歯の病気を未然に防ぐのは、かなり大変なことなのです。

だからこそ「歯医者さん」の手助けが必要。みがき残した部分、自分では見つけられない小さなむし歯、歯肉の状態・・・。プロの鋭い目でしかチェックできないことがたくさんあるからです。
最近は歯のクリーニングをかねて歯科検診を受ける人が増えてきたといいます。歯科医院を「治療」ではなく、「予防」のための場所ととらえ、エステやマッサージのように気軽に通う女性もいるようです。

その一方で、「歯医者さんは痛いところ」、「できるだけ行きたくない」と腰が重くなる人もまだまだいます。しかし初期のむし歯程度なら歯みがきを続けるうちに改善されることもありますが、むし歯も歯周病もかなり進んでいる場合、自然に治ることはありません。

治療を受ければ多少なりとも痛い思いをしなければならず、なるほど費用もかかります。そう考えると「予防」に力を入れて健康な歯をキープするほうが、よほど賢明といえるのではないでしょうか。


当院では、ケアルームは完全個室になっております。歯のクリーニングは特にリラックスして受けて頂くことが出来ます。

通常の歯みがきでは落とせないバイオフィルム

お風呂の浴槽やキッチンの排水口にこびりついたヌルヌル、生け花の水を取り替えずにいると花びんにつくゲル状の薄い膜・・・。このような粘性のあるフィルム状の膜をバイオフィルムといいます。

歯の場合、歯の表面にある細菌が、食べ物の糖を分解してヌルヌルした多糖性グルカンを産性し、細菌にとって住みやすい環境を作りだすことをいいます。

いったんこのバイオフィルムができて細菌が守られてしまうと、唾液や抗生物質もはね返してしまうため、むし歯や歯周病のリスクは急激に高まります。通常のはみがきでは落とせないため、「プロの手」が必要となるのです。

※PMTCで使用するブラシやシリコンカップは、ディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しています。

歯のクリーニング

歯科医師や歯科衛生士による歯のクリーニングは、むし歯や歯周病の原因となる細菌を取り除くと同時に、歯をキレイにする効果も抜群です。
毎日きちんと磨けていればよいのですが、どうしても自分では磨き残しができます。

プロのクリーニングは、通常の歯みがきでは落とせない汚れやバイオフィルムもきれいにしてくれます。

3か月から半年に1度のプロのお手入れで、トラブル知らずの歯にしましょう。

正しいブラッシングは健康で美しい歯を作る第1歩

「みがいている」と「みがけている」はちがいます

日本人の98%が毎日歯みがきをしているといいます。にもかかわらず、むし歯はいっこうに減りません。むしろ日本人のむし歯数は世界的にみても多いのです。

その理由は、歯みがき=ブラッシングが正しく行われていないから。残念ながら、じぶんではきちんとみがけているつもりでも、歯と歯の間、歯と歯肉の境目、前歯の裏、奥歯の後ろ側、臼歯の深い溝など、みがけていないところがあるのです。

歯のみがき方にはいろいろな種類があり、また歯の生え方や特徴も人によって異なります。自分にとって最良の方法をマスターするためには、歯科医院できちんと指導を受けることをおすすめすます。